2007年05月24日

日本人には便秘が多い

日本人には昔から便秘の人が多いと言われています。
特に便秘は若い女性に多く、男性も年齢と共に多くなります。

日本人の食習慣は古くから穀類や野菜類などが中心であり、
食物繊維を多く含む食物性食品の消化・吸収には時間がかかるため、
肉食中心の欧米人よりも腸が長く、時間をかけて十分な消化・
吸収ができるようになっていて便秘になる体質ではありませんでした。
ですが、洋食中心の食事に変化したことで、日本人の食事には食物繊維が不足し、腸内に長く停滞した肉類で腸内環境が悪化して便秘になる傾向になってきました。腸内の悪玉菌が増殖して、便秘を引き起こすのです。美味しいからといってお肉ばかり食べていると、体に良くないんですね。

また、忙しい生活の中で便意はある程度意識的にコントロールできますが、排便を我慢していると便意がなくなってしまい便秘を引き起こすことになります。便秘にならないためには規則正しい食事が基本ですね。


posted by きーちゃん at 11:24| 便秘について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。